大門みきし参院議員は23日、カジノで現地調査

大門みきし参院議員は日、和歌山県が和歌山市に誘致をすすめているカジノで現地調査。住民らと「カジノストップへ 大門みしき参院議員と語る会」で懇談しました。

 語る会で奥村規子県議は県説明会で多くの人が懸念を表明したことを示し「カジノは賭博。いくら説明を続けても懸念は払しょくされない」とカジノストップの決意を表明しました。

 大門氏は、県から説明を受け、現地調査をした結果を報告。規模の大きくないリゾート型カジノをめざした和歌山県が巨大施設を乱立させる国の方針で計画変更を余儀なくされたことを示し「ボタンの掛け違い。たいへんにチグハグなことになっている」と県の計画を批判。「じゃ、和歌山に来ないのかとなるとそうではない。どこが消えるかわらない状況」と各地の誘致状況を紹介し、カジノストップの手を緩めてはならないと訴えました。

 参加者から「嫌なものは嫌。止めるしかない」など次々と質問や意見が出され大門氏が丁寧に回答。「どこに行っても共通なのは売春と闇金融」とカジノの実態を告発し、カジノを許すなと訴えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA