橋本市演説会で、くすもと文郎2区候補が訴え

 日本共産党橋本市委員会は9日、くすもと文郎衆院和歌山二区候補を迎え、和歌山県橋本市で演説会を開催。雨模様の中、用意した椅子が足りなくなるなどいっぱいの参加者を前に政治を変えようと訴えました。
 くすもと氏は、「二階俊博元自民党幹事長のお膝元の御坊市で市議・県議をつとめ、自民党政治と対峙してきた」とのべ、「学校給食の無償化や介護保険料の引き下げを橋本市でも市民と共産党が力を合わせて実現してきているが、本当は国がやらなければならないこと。その国の政治を変える時がきた」「比例二議席から三議席、さらに四議席へと増やそう」とよびかけました。
 会場から「自公政治を終わりにするためには」、「日本の経済をどう立て直すか」などの質問に、くすもと氏は日本共産党の経済提言や赤旗などを示しながら説明しました。参加者から「親しみやすくてわかりやすい話だった」などの感想が寄せられました。