「市民と野党の共闘・そして憲法」学習会を和歌山県海南市で開催される(18日)

「戦争法廃止・海南海草共同センター」は18日、「市民と野党の共闘・そして憲法」学習会を和歌山県海南市で開きました。

 講演した市民連合わかやま共同代表で元和歌山大学副学長の堀内秀雄氏は、参院選で野党が市民連合の提案した項目で政策合意をしたことを評価。「参院選は問題点もあったが成果もあった。次の衆院選が面白くなってきた」と強調しました。また現在の政治状況について「強行採決に次ぐ強行採決」と安倍政権の暴走を批判。戦争法などさまざまな悪法強行をあげ、疑惑、隠ぺい、改ざん、ねつ造、廃棄の安倍政権を「行政の私物化というより国家の私物化だ」と糾弾しました。そして和歌山での市民と野党の共闘をふり返るとともに、「未来の2つの道、民主主義かファシズムか」と安倍改憲を許さない運動の強化、市民と野党の共闘の発展を訴えました。