「メガソーラー計画は撤回を」宣伝(8日)

「楠見地区のメガソーラー(巨大太陽光発電)を考える会」は8日、和歌山市役所前で、プラスターを持ってのスタンディング宣伝とリレートークを実施。人が参加しました。

 参加者らは「あまりにも危険なメガソーラー建設を市長さん認めないでください」、「誇りある、豊かな自然の和泉山脈を壊さないでください」、「最近の大雨、台風などで、山津波、池の決壊、川の氾濫と心配でたまりません」などを訴えました。道行く市民らがプラスターを見ながら署名や激励を寄せました。

 日本共産党の南畑幸代、坂口多美子両市議が参加しました。