和歌山弁護士会は7日、各党県議を招き憲法改正シンポジウムを開催

和歌山弁護士会は7日、各党県議を招き憲法改正シンポジウムを和歌山市で開き県議らが9条改憲を中心に討論しました。

 基調報告した阪本康文弁護士は、憲法への自衛隊明記について「安倍首相は何も変わらないというが、平和のあり方が大きく変わる」と強調しました。

 シンポジウムで日本共産党の楠本文郎県議は、安倍9条改憲を許さないことで立憲野党が政策合意していることを紹介。憲法を守り、憲法が求める社会をつくるため全力をあげる決意を表明しました。国民民主党の浦口高典県議は「自衛隊を書き込むなら警察や消防も書き込まなければならなくなる」と自衛隊明記に反対。立憲民主党の谷口和樹県議は「9条は変えなければならない余地はない」と力説しました。一方、自民党の尾崎太郎県議は「何も変わらないというなら書く意味があるのか。(2012年の自民党改憲草案は)国防軍を創設すると書いてあった。すきっする」とむき出しの改憲論を展開。公明党の中拓哉県議は自衛隊明記について態度を明らかにせず、維新の会の林隆一県議は「9条は現状に合わなくなっている」としたものの「自衛隊明記は個人的には必要ない」としました。