年金引下げやめて

「しんぶん赤旗」近畿版より

 和歌山県社会保障推進協議会は15日、安心できる年金制度の実現を求め、JR和歌山駅前で署名・宣伝にとりくみました。  マイクを握った同協議会の佐藤英昭氏は、安倍自公政権がマクロ経済スライドによって国民が受け取るはずだった年金を7兆円も削減しようとしていることを批判。金融庁が厚生年金だけでは老後資金が2,000万円も不足するという報告書を出したことを紹介し、「マクロ経済スライドを廃止し、減らない年金を実現することが必要です。高齢者も若者も安心できる年金制度をつくりましょう」と署名への協力をよびかけました。道行く市民らが応じていました