憲法9条を守る伊都橋本連絡会は29日、「第11回伊都・橋本9条平和まつり」

 憲法9条を守る伊都橋本連絡会は29日、「第11回伊都・橋本9条平和まつり」を和歌山県橋本町で開きました。

 開会あいさつした同連絡会の浦本彰夫共同代表は、参院選の結果、改憲勢力が憲法改正の発議に必要な3分の2を割ったことを紹介。「民意は改憲を望んでいない。しかし安倍首相はなにがなんでも改憲すると言明している。改憲の本丸は憲法9条だ」と安倍自公政権による戦争する国づくりを批判しました。また、福島原発事故や沖縄辺野古新基地建設での安倍政権の住民を踏みにじる暴走を告発。「今以上に声を大きくしていこう。安倍改憲許すなの声を大きくしよう」とよびかけました。

 ステージでは、和太鼓演奏など地域の人々による多彩なプログラムが実施され、会場では野菜販売や、各地域9条の会などの模擬店、バザー、「原爆と人間」展などがとりくまれました。