「憲法9条を守る和歌山弁護士の会」は19日、「憲法の破壊を許さないランチTIMEデモ」

「しんぶん赤旗」近畿版より

 「憲法9条を守る和歌山弁護士の会」は19日、「憲法の破壊を許さないランチTIMEデモ」を和歌山市で実施し、人が参加しました。

 和歌山市役所前でのデモ出発で藤井幹雄弁護士は、4年前の同日、戦争法が強行されたことを糾弾。安倍政権による改憲策動の状況を報告するとともに、アメリカいいなりにホルムズ海峡の「有志連合」に自衛隊を参加させようとしていることや、韓国に対して徴用工問題への対応を貿易規制拡大にまで広げ悪循環させるなど危険な安倍外交を批判し、「こういうときこそ9条に基づいた外交をしなければならない。9条を守り、戦争法廃止の思いを一つに歩こう」とよびかけました。

 参加者らは「憲法9条守れ」「安倍改憲許すな」などコールしならが市内を行進しました。